乳酸菌生産物質はどのように製造されているの?

乳酸菌生産物質は主にバイオテクノロジーを駆使して製造されます。

原料としては、自然界の植物系のものが一般的ですが、原料によって、製造工程が大きく異なります。

大まかに言うと、乳酸菌を発酵させる工程の過程で、「発酵代謝産物」

を採取してその採取した代謝物を「乳酸菌生産物質」

と呼んでいます。

どうもバイオテクノロジー分野の説明には耳なれない化学用語というか、生物的用語が多く、具体的なイメージが湧かないですね。

話を戻して、乳酸菌を培養するには、培地の成分をどのようなものにするかで、乳酸菌生産物質の性質が決まるようです。

この辺は、けっこう情報を公開している企業が多いので、ネット上の検索で、培地の原料・培養の仕方がわかります。

そして、その培地に乳酸菌の「種菌」

を植えます。

この「種菌」

については、自社で保有しているのか、他社から購入しているのか、明確には、わかりません。

その種菌の優劣によっても、生産物質の優劣が決定されるようです。

乳酸菌生産物質はこのように製造されます。

乳酸菌生産物質は、バイオテクノロジーを駆使した工程で製造されています。

乳酸菌を培地で発酵させる過程で「発酵代謝産物」

という物質ができます。

乳酸菌生産物質は、この「発酵代謝産物」

を様々に加工した物と言えます。

この物質のメーカーは、製薬会社ではなく、乳酸菌やその他のバイオテクノロジー関連の会社が多いのはこのためです。

この物質は乳酸菌の培養工程で得られるものですが、この時に培地に何を使うのか、種菌は何を使うのかによって、得られる物質の性質が異なるものができます。

現在、この物質のメーカーは数十社を数えますが、それぞれ、培地や種菌が異なります。

そして、得られた物質に、食物繊維他、腸内細菌の環境に良いものを加えて、サプリメントとして商品化しています。

この商品は、健康に効果があるという評判が多く見られるのですが、健康に効果のある食品に対しては、「栄養機能食品」

と「特定保健用食品」

という公的な評価が認められている商品が多数あります。

乳酸菌生産物質は、まだこれらの認定がされていません。


Comments are closed.